沿革

1954.06 東北海道いすゞ自動車株式会社設立 拠点:帯広、北見 社員数:104名
1955.03 釧路支店 開設
1959.09 小型トラック・乗用車部門の販売会社として「道東いすゞモーター株式会社」を分離独立
1968.11 紋別支店・中標津支店 開設
1969.04 本別支店 開設
1974.05 自走式農業機械製作、販売の開始 スラリーローリーの開発に成功
1974.07 網走支店 開設
1987.06 網走支店 ショールーム及びサービス工場新築落成
1994.05 東北海道いすゞ自動車株式会社と道東いすゞモーター株式会社が合併
1997.05 農業機械「マルチアタッチメントシステム」開発に成功 北海道知事賞受賞
1997.07 東邦自動車㈱を合併 フォード車の販売開始
1998.05 北見支店店舗・サービス工場新築落成
1998.07 網走支店サービス工場増築
2001.06 釧路支店 ショールーム及びサービス工場新築落成
2001.11 中標津支店 ショールーム及びサービス工場新築落成
2002.06 家畜糞尿堆肥化施設(発酵攪拌装置付)の販売開始
2005.02 ヒュンダイモータージャパンのサテライト店登録
2012.06 帯広支店 大型サービス工場新築落成
2012.09 本社を帯広市西20条北1丁目に移転